お薦め

特別に消化の安全性を強化

キャットフードの種類がたくさんありすぎて、キャットフードならどれも同じでしょうと、
適当に選んだりしていることはありませんか?

猫にも個体差があるので、特にメーカーやフレーバーにこだわらずなんでも食べる食いしん坊な猫ちゃんもいますし、
ちょっと気難しくグルメな猫ちゃんもいます。
気難しい猫ちゃんの場合は、自分が食べたくないと思ったり、
お気に入りのキャットフード以外は見向きもしないということもあります。

またお気に入りのキャットフードでも、毎日同じものを食べていると味に飽きてしまい、
突然食べなくなってしまうこともあります。
こうして見ると意外とグルメな猫ちゃんも多いのですね。

好き嫌いをする場合は、人間にも言えることですが、
どうしても偏食がちになるので栄養バランスも偏ってしまいます。
偏食をするとお腹が弱くなる子もいるので、消化に関しては十分に配慮してあげたいですね。

わがままというわけではなく、元々胃腸が弱い子の場合は、
本能的にこれは食べたくないという反応をしてしまうこともあります。
特別に消化の安全性を強化しているキャットフードもありますので、
このような場合は消化の良いものを選ぶようにしてあげましょう。

胃腸やお腹が弱い子の場合は、腸内環境を整えてあげることが大切です。
キャットフードの成分の中には、オリゴ糖や乳酸菌など腸内環境をサポートする成分を配合しているものもあります。
好き嫌いのある猫ちゃんも食欲が増すように、フレーバーにもいろいろな工夫をしています。
猫というと好んで食べるのは魚というイメージもありますね。

もちろん魚を使っているキャットフードもありますが、
消化のことを考えて作っている場合はお米を使用している場合もあります。
ただし昔のような猫まんまではなく、キャットフードとして加工されているので食べやすくなっています。
猫も歯磨きの習慣を付けない限り、歯石がたまりやすくなります。
カリカリのキャットフードを噛むことで、歯石の予防になるものもあるので一石二鳥ですね。
猫と一緒に犬も飼っている方は、愛犬に自然飼育された材料を使っているドッグフードを食べさせてあげてください。