お薦め

自然の抵抗力の維持に役立つ

子猫はとても可愛らしく見ているだけでも気持ちが癒されます。
これから成猫へと成長していくのですが、その間はたっぷり栄養を摂り抵抗力をつけなくてはいけません。
生まれたときに母猫のお乳から免疫をもらいますが、それもいつまでも続くわけではありません。

また子猫はとてもか弱く繊細です。
消化機能もまだまだ弱いので、消化と吸収がいいキャットフードを選んであげることも大切です。
消化不良を起こすと、子猫のカラダにも負担をかけてしまいますし、下痢をすれば体力を消耗します。
キャットフードのメーカーも実に様々ですが、子猫用のキャットフードは消化、栄養、免疫力のアップなど、
様々な目的を叶えてくれるものを選びましょう。
そのためにも質のいいキャットフードを選びたいですね。

数あるキャットフードメーカーの中でも、人気が高いロイヤルカナンは、
子猫用のキャットフードにも力を入れています。
例えば消化機能の弱い子猫のために、超高消化性タンパクと呼ばれる、LIPというタンパク質を使用したり、
腸内環境を改善し胃や腸に負担をかけないように成分や栄養バランスを考えて配合しています。

基本的に人間が必要とする栄養素と、猫が必要とする栄養素は同じです。
タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン&ミネラル、水の6大栄養素といわれるものです。

しかし人間と猫ではカラダの大きさも違いますし、消費するエネルギーなどもちがいます。
同じ栄養素でも猫にとっての理想的なバランスは、人のものとは違います。
だからこそ猫には猫専用の食べ物=キャットフードが必要なのです。

キャットフードには、猫種や猫の年齢、病気の療法食など、
目的に合わせて理想的な栄養バランスと必要な成分を配合しています。

今は昔と比べて、キャットフードの質も向上していますので、
極端な言い方になりますが、猫に合うキャットフードを食べさせていればほかにはあれこれ混ぜる必要はないくらいです。
ただ食べる量や体質によってキャットフードだけでは補えない場合もあるので、
このような場合は飼い主さん手作りの愛情を少しプラスしてあげるのもいいですね。
こちらの食べ飽きないキャットフードの解説も、とても参考になります。
キャットフードと同じようにドッグフードhttp://www.centralohiogoodshepherds.com/も3対栄養素のバランスがとれたものをおすすめします。

↓猫が喜ぶキャットフードの選び方

↓キャットフードの定義
http://www.myxoft.com/