お薦め

子猫の尿を弱酸性に保つようにミネラルなどの栄養バランスを調整しているフード

猫種にも今はたくさんの種類がありますね。
猫種によるものや、体質の遺伝、食生活など様々な原因が考えられますが、
実は猫は尿結石になりやすい傾向があります。

メスに比べるとオスは尿道が狭いので、オスは尿結石になりやすいとも言われています。
人間にも同じ病気がありますが、症状には個人差があるものの痛みを伴う場合もありますし、
石が邪魔をしてオシッコが出なくなれば、猫の場合は命に関わることもある怖い病気なのです。

猫ちゃんの1日の生活をよく観察していると分かることなのですが、
ご飯と一緒にお水を入れた食器を並べていても、あまり水を飲みませんね。
中にはガブガブとお水を飲む子もいますが、殆どは飲む量がごくわずかです。
そのためオシッコの濃度も濃くなりやすいので、
これが原因で石が出来やすい状態になるとも言われています。

食べているキャットフードの成分なども関係していますが、
食生活が様々な病気の原因になるのは人間も猫も同じと言えます。

特に子猫は体調管理もコントロールも未熟なので、ある程度は飼い主さんが気をつけなくてはいけません。
子猫用のキャットフードには、尿結石の原因になりやすいミネラルのバランスを調整しているものもあります。
食事の与え方や量、配合されている成分によっても、尿結石の原因になることもあります。

猫は気まぐれなので食事の時間を決めても、きちんと食べてくれないから置き餌をしている人も多いですね。
実はこの置き餌も、尿結石の原因になってしまうことがあります。
食事の習慣は子猫の時から、規則正しく習慣つけておくことが大切です。
尿結石用の療法食や、石ができるのを予防する処方食などもありますが、
子猫の尿を弱酸性に保てるよう、栄養バランスを考えたキャットフードを
規則正しく食べるよう習慣付けることも大切です。
飼い主としては気になるキャットフードの添加物も是非参考にご覧ください。

ある程度成長すれば、子猫用のキャットフードから成猫用のものに切り替えますが、
子猫のうちから病気になりにくい体作りを心がけたいですね。
こちらの、 キャットフード通販人気ランキングについての解説も、参考になりますのでご覧ください。
子犬のドッグフード選び方については、http://www.poslovna-edukacija.net/syo.htmlに載っています。