お薦め

健康な皮膚と美しい被毛をサポートするフード

最近髪のツヤがなく、コシもなくなってきたと感じた時、
私たちは髪にいいとされる食材=ワカメや昆布を積極的に食べることがありますね。
また肌の衰えや、紫外線によるダメージを受けたと感じたときには、
肌にいい成分を意識して摂取しようとします。
これは猫ちゃんにも言えることです。

猫種によっては被毛のタイプもいろいろありますね。
短い毛でも柔らかくビロードのようなツヤを持っている猫、
長くふわふわでシルクのように柔らかく美しい被毛の猫など、
猫種によってはそれがチャームポイントになっていることもあります。

これは成長期の猫にも言えることで、カラダ、内蔵、被毛など、
あらゆるところが子猫から成猫になっていく過程で多くの栄養を必要とします。
ところが十分に栄養を与えられないと、毛艶も悪くカラダもしっかりと成長できないため、
発育不全という状態になってしまいます。

今の猫は昔とちがって室内で過ごすことも多く、
ねずみなども少ないので自分で獲物を獲り食べるということができません。
もちろん自由に外に散歩に出かけても、なかなか自分で餌を確保するということはありません。
猫は飼い主さんが選んで与えるキャットフードが主食になります。
子猫の場合でいえば、栄養価が高く原料も厳選して質もいいものだけを使用していても、
被毛や皮膚のサポートも考えなくてはいけません。

今はキャットフードの質も昔と比べると、格段と良くなっていますし、
子猫には成長に必要な栄養と、被毛や皮膚の健康も考えて、
理想的な栄養バランスを考えて作っているものも増えています。

また猫は常に自分で毛づくろいをしますね。
全身を舐めて毛の手入れをしますが、どうしても抜け落ちた毛を飲み込んでしまうので、
ある程度たまると毛玉を吐く習性があります。
この対策には食物繊維を豊富にすることで、毛玉になるのを抑えることもできます。

このようにキャットフードは、栄養だけを考えるのではなく、
被毛や皮膚、毛玉予防などいろいろな効果のあるものを選んであげましょう。
種類によっては商標登録されている商品もあるそうです。商標登録の更新方法のサイトに、商標についてのわかりやすい解説が掲載されています。ぜひ、ご覧ください。